パルスイート®|お客様相談センター|味の素株式会社

商品に関するご質問

パルスイート®

甘味料

パルスイート®

ブランドサイト

おすすめレシピ

「パルスイート®」にはどのような商品がありますか。またそれぞれの特長を教えてください。

商品

特長

17秋季_PS-90_120g400_300.jpg

「パルスイート®」
アミノ酸から生まれた甘さの、カロリー90%カット・糖類ゼロの甘味料です。
おいしい甘さで、毎日のお料理や飲みもの、お菓子作りに幅広くご使用いただけます。
主な甘さはアミノ酸からできた甘味料アスパルテームによるものです。

17秋季_pal0_70g400_300.jpg

「パルスイート®カロリーゼロ」
食事を管理し、カロリー摂取を控えている方に適したカロリーゼロ・糖類ゼロのアミノ酸から生まれた甘さの甘味料です。
おいしい甘さで、毎日のお料理や飲みものに幅広くお使いいただけます。
主な甘さはアミノ酸からできた甘味料アスパルテームによるものです。

17秋季_pzl_350g_shodan400_300.jpg

「パルスイート®カロリーゼロ」(液体タイプ)
食事を管理しカロリー摂取を控えている方に適したカロリーゼロ・糖類ゼロの甘味料です。
おいしい甘さのサッとなじむ液体タイプで、煮物や酢の物などのお料理や冷たい飲みものにおすすめです。
コク・厚みのある甘さで、加熱耐性があり料理に使いやすくなりました。

Image-1.jpg

「パルスイート®カロリーゼロ」(液体タイプ)ポーション
・アミノ酸から生まれた低カロリー甘味料です。
・すっきりした甘さで、カロリーは0kcal、糖類ゼロ(シュガーレス)です。
・冷たい飲み物に使いやすいポーションタイプで、ポーション1個で
一般的なガムシロップ1ポーション(約25kcal)と同じ甘さです。


■ホームページ 低カロリー甘味料商品ラインナップ「パルスイート®」はこちら

■ホームページ 低カロリー甘味料商品ラインナップ「パルスイート®カロリーゼロ」(液体タイプ)はこちら

「パルスイート®」シリーズ、「パルスイート®スリムアップシュガー®」の特徴の違いと使い方を教えてください。

こちらのサイトでご紹介してます。  パルスイート®」シリーズ、「パルスイート®スリムアップシュガー®」シリーズの特徴と使い方比較表

「パルスイート®」カロリー90%カットを使って、黒豆を煮ることはできますか?

はい。お作りいただけます。
砂糖を併用したレシピと、「パルスイート」カロリー90%カットのみでお作りいただけるレシピがございます。
砂糖と一緒に使用しますと、カロリーを抑えながら、砂糖の特性である保水性が加わり、ふっくら、つやよく仕上がります。
「パルスイート」カロリー90%カットのみでもお作りいただけますが、甘味が減少したり、仕上がりの色が少し薄くなったり、豆が割れやすくなったりする場合があります。
なお、砂糖の量を少なくすることで保存性が低下しますので、出来上がり後は冷蔵庫で保管し、なるべく早くお召し上がりください。

「レシピ大百科 黒豆(「パルスイート」カロリー90%カットと砂糖併用タイプ)」レシピはこちら

「パルスイート®」や「パルスイート®カロリーゼロ」でらっきょう漬けを作れますか。
砂糖の特性である防腐性が「パルスイート®」、「パルスイート®カロリーゼロ」にはありませんので、らっきょう漬けのように長期保存する食品への砂糖の代わりとしての使用はお勧めできません。
もしお作りになる場合には、砂糖と併用し、漬けた後2〜3ヶ月位でお早めにお召し上がりください。

<らっきょう漬けの材料>
 ・らっきょう...1kg
 ・粗塩...20g(らっきょうにまぶす)
 ・水...150ml
 ・砂糖...125g
 ・「パルスイート®」...30g(砂糖相当120g) もしくは 「パルスイート®カロリーゼロ」...40g(砂糖相当120g)
 ・酢...350ml
 ・唐辛子...2本
「パルスイート®」 シリーズを使って梅酒はつくれますか?

★「パルスイート®」 で梅酒を作る場合★

砂糖(氷砂糖)をすべて「パルスイート®」 に代えることは、おすすめできません。
ただし、砂糖(氷砂糖)と併用すれば作ることができます。
「パルスイート®」 は、砂糖の特性である梅のエキスを抽出する力が弱いことから、
砂糖(氷砂糖)をすべて「パルスイート®」 に代えることはおすすめできません。
氷砂糖と合わせてご使用いただくことをおすすめします。
梅のエキスの抽出と長期保管や熟成のためには
アルコール度数が35度以上のお酒(ホワイトリカー)をおすすめします。
「パルスイート®」 と砂糖(氷砂糖)を併用するレシピをホームページでご紹介しています。
ぜひご覧ください。

ホームページ 「パルスイート®」」で作る 梅酒レシピはコチラ


★「パルスイート®」 カロリーゼロで梅酒を作る場合★

砂糖(氷砂糖)をすべて「パルスイート®」 カロリーゼロに代えることは、おすすめできません。
ただし、砂糖(氷砂糖)と併用すれば作ることができます。

「パルスイート®」 カロリーゼロは、砂糖の特性である梅のエキスを抽出する力が弱いことから、
砂糖(氷砂糖)をすべて「パルスイート®」 カロリーゼロに代えることはおすすめできません。
氷砂糖と合わせてご使用いただくことをおすすめします。
梅のエキスの抽出と長期保管や熟成のためにはアルコール度数が35度以上のお酒(ホワイトリカー)をおすすめします。

「パルスイート®」 カロリーゼロと砂糖(氷砂糖)を併用するレシピをご紹介しますので
ぜひお試しください。

◆材料◆

 ・青梅...1kg
 ・ホワイトリカー(35度)...1.8L
 ・氷砂糖...300g
 ・「パルスイート®」 カロリーゼロ...70g


◆作り方◆

 1.青梅は丁寧に水洗いし、ザルにあけ、十分に水気を拭いた後、ヘタを取ります。
 2.保存容器に1の青梅と「パルスイート®」 カロリーゼロ、氷砂糖を入れ、ホワイトリカーを静かに注ぎ密封します。
 3.2〜3カ月、冷暗所で保存します。1日1回保存容器を揺り動かして糖分が均等に混ざるようにします。

 ※ポイント...梅は2〜3カ月程度で引き上げましょう。


★「パルスイート®」 カロリーゼロ・液体タイプで梅酒を作る場合★

砂糖(氷砂糖)をすべて「パルスイート®」 カロリーゼロ・液体タイプに代えることは、おすすめできません。ただし、砂糖(氷砂糖)と併用すれば作ることができます。
「パルスイート®」 カロリーゼロ・液体タイプは、砂糖の特性である梅のエキスを抽出する力が弱いことから、砂糖(氷砂糖)をすべて「パルスイート®」 カロリーゼロ・液体タイプに代えることはおすすめできません。

また、水分が含まれているため、液体のアルコール度数が下がり、殺菌力が弱まります。
氷砂糖と合わせてご使用いただき、漬けた後、2〜3ヶ月でお飲みいただくことをおすすめします。
梅のエキスの抽出と長期保管や熟成のためにはアルコール度数が35度以上のお酒(ホワイトリカー)をおすすめします。

「パルスイート®」 カロリーゼロ・液体タイプと砂糖(氷砂糖)を併用するレシピをご紹介します。

◆材料◆

 ・青梅...1kg
 ・ホワイトリカー(35度)...1.8L
 ・氷砂糖...300g 
・「パルスイート®」 カロリーゼロ・液体タイプ...140g

◆作り方◆

 1.青梅は丁寧に水洗いし、ザルにあけ、十分に水気を拭いた後、ヘタを取ります。
 2.保存容器に1の青梅と「パルスイート®」 カロリーゼロ・液体タイプ、氷砂糖を入れ、ホワイトリカーを静かに注ぎ密封します。
 3.2〜3ヶ月、冷暗所で保存します。1日1回保存容器を揺り動かして糖分が均等に混ざるようにします。

 ※ポイント:梅は2〜3ヶ月程度で引き上げましょう。

味の素KK商品の使用の目安量について教えてください。

下記目次をクリックしてください。※掲載している商品は一部です。

うま味調味料・塩調味料はこちら

肉用調味料はこちら

和風だしの素・液体和風だしはこちら

中華だしはこちら

中華・韓国醤調味料はこちら

洋風スープの素はこちら

鍋用調味料はこちら

マヨネーズはこちら

甘味料はこちら

「パルスイート®」「パルスイート®カロリーゼロ」の使用量の目安を教えてください。

商品

使用量の目安

17秋季_PS-90_120g400_300.jpg

「パルスイート®」
分量(かさ)では砂糖の1/3、重さでは砂糖の1/4を目安にしてお使いください。加熱料理から冷たいお飲み物まで幅広くお使いいただけます。

図1.jpg


17秋季_pal0_70g400_300.jpg

「パルスイート®カロリーゼロ」
分量(かさ)、重さ共に砂糖の1/3を目安にお使いください。



加熱料理から冷たいお飲み物まで幅広くお使いいただけます。下記の料理には、ご使用上の注意点がございますので参考にして毎日のお食事にお役立てお使いください。

17秋季_pzl_350g_shodan400_300.jpg

「パルスイート®カロリーゼロ」(液体タイプ)
分量(かさ)では砂糖の1/3、重さでは砂糖の2/3を目安にしてお使いください。

加熱料理から冷たいお飲み物まで幅広くお使いいただけます。下記の料理には、ご使用上の注意点がございますので参考にして毎日のお食事にお役立てお使いください。


ホームページ 「パルスイート®」シリーズはこちら
ホームページ 「パルスイート®」シリーズピックアップレシピはこちら

「パルスイート®」や「パルスイート®カロリーゼロ」でジャムを作れますか。

商品

ジャムを作れるかどうか

17秋季_PS-90_120g400_300.jpg

「パルスイート®」
作ることはできますが、砂糖とは違って、「パルスイート®」は保水性が弱いので砂糖と比較すると仕上がりにツヤがないことがあります。
一度にあまり沢山作らずに、なるべく早めにお召し上がり下さい。保存期間は密閉容器に入れ、冷蔵庫で1週間です。

★使用量の目安:砂糖のかさの1/3を目安にお使いください。(重さでは1/4)。

★ホームページ「パルスイート® 食べジャム」レシピはこちら

feature_img2_o.jpg

17秋季_pal0_70g400_300.jpg

「パルスイート®カロリーゼロ」
作ることはできますが、砂糖とは違って、「パルスイート®カロリーゼロ」は保水性がありませんので砂糖と比較すると仕上がりにツヤがあまり出ません。 また、「パルスイート®カロリーゼロ」は防腐性もありませんので、長期間保存するものへのご使用には適していません。あまり沢山作らずに3、4日で食べきる量をお作りいただき、保存期間は密閉容器に入れて冷蔵庫で保存して下さい。

★使用量の目安:砂糖のかさ・重さの1/3を目安にお使いください。



「パルスイート®」や「パルスイート®カロリーゼロ」でパンを焼くことはできますか。

商品

パンを焼けるかどうか

17秋季_PS-90_120g400_300.jpg
「パルスイート®」
お作りいただけます。
ドライイーストをご使用される場合は、「パルスイート」を砂糖のかさの3分の1、重さの4分の1の量(通常通り)に置き換えてご使用ください。

※若干焼き色がつきにくいので、砂糖で作った場合の焼き時間を目安に様子を見ながら調節してください。
※ドライイースト以外の酵母については申し訳ありませんが、検証しておりません。
17秋季_pal0_70g400_300.jpg

「パルスイート®カロリーゼロ」
「パルスイート®カロリーゼロ」のみでパンをお作りいただくことはおすすめしておりません。



「パルスイート®」、「パルスイート®カロリーゼロ」の保存方法を教えてください。

<顆粒>
チャックをきっちり閉めて、高温多湿を避けて涼しいところでご保存ください。

<スティック>
袋のまま閉めて、高温多湿を避けて涼しいところでご保存ください。

アスパルテームとは何ですか。

<アスパルテームとは>
アスパルテームは、アミノ酸であるアスパラギン酸とフェニルアラニンから作られます。 アスパラギン酸とフェニルアラニンは、野菜、肉、牛乳、たまご、果物、魚、大豆など身近ないつも食べている食品に含まれている成分で、それぞれ体にとって大切な役割をもっています。

<アスパルテームの特徴>
1.さわやかで自然な甘さです。
2.甘味の強さは砂糖の約200倍です。
3.カロリーの低減に有効です。
4.虫歯の原因となりません。
5.血糖値に影響のある糖類は含んでいません。

■ホームページ「パルスイートってどういう商品?」はこちら

エリスリトールとは何ですか。

エリスリトールは、果実やきのこ類などや、しょうゆ・味噌などの発酵食品に幅広く存在します。
でんぷんからできた糖アルコールで、特有の清涼感を有しています。厚生労働省により、糖質では唯一「カロリーゼロ」であると認められており、日本では食品として使用が許可されており、既に多くの食品に使用されています。
「パルスイート®」のエリスリトールは、とうもろこしを原料としています。

アセスルファムKとは何ですか。
<アセスルファムKとは>
アセスルファムKは、アセスルファムカリウムのことです。これは、砂糖の200倍の甘味があるノンカロリーの甘味料で、酢酸を原料としています。菓子、ガム、アイスクリーム、ジュース、アルコール飲料、砂糖代替品(コーヒー・紅茶などに使用)など、様々な食品に広く使われています

<アセスルファムカリウムの特徴>
アセスルファムカリウムは、血糖値に影響を与える糖類を含まない甘味料です。摂取してから24時間以内に、分解されずにそのままの形で尿と一緒に体外へ 排出されますので、カリウムなどの成分の体内への蓄積も認められていません。
還元麦芽糖水飴とは何ですか。
でんぷんを水飴状の糖にしたものを、低カロリーの糖アルコールにしたものです。
砂糖に比べて熱に強く、日もちがよく、甘みがあっさりしているという特長があります。
「パルスイート®」の還元麦芽糖水飴は、タピオカを原料としています。
「パルスイート®」を使用すると、砂糖を使用したときに比べてどの位カロリーを低減できますか。
「パルスイート®」1.2gは、砂糖約5gと同じ甘さです。
砂糖約5gのかわりに「パルスイート®」1.2gを使用すると、カロリーは90%カットになります。
「パルスイート®」「パルスイート®カロリーゼロ」の栄養成分には、糖類は0gとありますが、糖質は0gではありません。糖質と糖類はどう違うのですか。

「糖質」とは、『炭水化物から食物繊維を除いたもの』の総称です。また、「糖類」とは、「糖質」の中の『単糖類(ブドウ糖など)・二糖類(砂糖など)』のみの総称です。血糖値を上げるのは、消化吸収されやすく、即エネルギー源となる「糖類」です。
栄養表示基準(※)によると、総重量の中で、水分の他、たんぱく質や脂質、ミネラル、食物繊維のいずれにも分類されないものは「糖質」となります。炭水化物、糖質、糖類の関係は、下図のようになります。「パルスイート®」、「パルスイート®カロリーゼロ」の主な原材料は、糖アルコールに分類される還元麦芽糖水飴やエリスリトールです。砂糖などの血糖値に影響を与える「糖類」は含まれていませんが、「糖質」に分類される糖アルコールを含みます。
糖質.jpgのサムネイル画像※「厚生労働省平成15年5月健康増進法第31条栄養表示基準」はこちら

お砂糖には賞味期限がないのに、「パルスイート®」や「パルスイート®スリムアップシュガー®」には賞味期限があるのはなぜですか。
「パルスイート®」や「パルスイート®スリムアップシュガー®」には、香料が含まれております。
これが、長期間経過しますと、効力が弱くなり、当初の味(甘味や風味等)がでない可能性がありますので、賞味期間を設定しております。
香料は砂糖のようなふんわりとした甘い香りづけのために使用しています。
アスパルテームの安全性について教えてください。

アスパルテームの安全性については、広範で詳細な安全性の試験の結果を評価され、科学的な見地から厳密な審査を行った結果、安全であることが確認されています。


公的機関においても1980年(昭和55年)国連の国際連合食糧農業機関(FAO)/世界保健機構(WHO)合同食品添加物専門委員会(JECFA)での許可を始め、1981年(昭和56年)米国FDA(食品医薬品局)が許可、日本では1983年(昭和58年)に食品衛生調査会の審査を経て、厚生大臣より食品添加物として指定されました。以降、欧米を始め、世界125ケ国以上でその安全性が確認され、使用が認められています。現在、世界で5,000種類以上の製品に使用されています。


また、2013年12月10日にEFSA(欧州食品安全機関)が公表したアスパルテームの安全性再評価結果では、最新の安全性試験の論文も含めて再評価され、これまでの審査と同様に、食品添加物としての安全性が確認されています。このように、アスパルテームは長い歳月を費やし、膨大な試験データをもとに、きわめて科学的にその十分な安全性が評価された甘味料ですので、摂取しても身体に害はありません。

「パルスイート®」を毎日摂取し続けても大丈夫ですか?
使用量の制限はありますか?
「パルスイート®」は、砂糖を使用する代わりに
毎日お召し上がりいただくことができます。

「パルスイート®」の使用量に関しては、1日摂取許容量として
約156g(体重50kgの場合)が設定されております。

この量は、砂糖の甘さで換算すると砂糖約624gに相当し、
現実的にはこの量を毎日摂取するということはあり得ませんので、全く心配ありません。
(日本人の砂糖の平均使用量は81g/日です。)

なお、どのような食品でもそうですが、常識を超えた過剰摂取はお勧めしません。
料理をおいしくお召し上がりいただくために、適量をお使いいただくことをお勧めします。
糖尿病の人でも使える甘味料はありますか。
「パルスイート®」は基本的にどなたでも使える商品です。糖分を制限している方でもお使いいただけます。
食事の管理をし、カロリー摂取を控えている方(制限をしている方)にお勧めしています。
血糖値に影響を与える糖類は含んでおりませんが、ご使用につきましては、あらかじめかかりつけの医師にご相談ください。
「パルスイート®」「パルスイート®カロリーゼロ」を妊娠中や子供に使用して問題ありますか。
「パルスイート®」「パルスイート®カロリーゼロ」の甘さのもとのアスパルテームはたんぱく質の成分であるアミノ酸からできているので、通常の食品と同じように消化・吸収・代謝されます。
アセスルファムK(カリウム)は、体内で代謝されずそのまま体外に排泄されます。 したがって、妊娠中の女性でもお子さんでも、どなたでも安心してご使用いただけます。 ■「フェニルケトン尿症」の方へ フェニルケトン尿症は、母乳を含めすべての食品に含まれるフェニルアラニンの摂取量を成長に必要な量にコントロールする必要があります。甘味料として摂取する場合のアスパルテームからのフェニルアラニンは、通常の食事由来の量に比べてごくわずかではありますが、フェニルアラニンを含んでいますので、その旨を患者とその家族の方々にお知らせすることが重要であると考えます。従って食品衛生法の規定に基づいて、フェニルアラニンを含む旨を商品に表示しています。 .

ページトップへ