クノール® たっぷり野菜で満たされたいときのスープごはん用|お客様相談センター|味の素株式会社

商品に関するご質問

クノール® たっぷり野菜で満たされたいときのスープごはん用

スープ

クノール® たっぷり野菜で満たされたいときのスープごはん用

ブランドサイト

おすすめレシピ

「クノール® たっぷり野菜で満たされたいときのスープごはん用」はどのような種類がありますか。特長を教えてください。

まろやかコンソメとしお鶏だしの2種類がございます。
野菜の甘味としゃきしゃきの食感にこだわった「野菜たっぷりスープごはんの素」です。
1日に必要な野菜量の1/3の、乾燥野菜が入っています。
※厚生労働省策定「健康日本21」野菜の1日あたりの平均摂取量の目安350gより 生野菜換算
あたたかいごはんと合わせ、お湯を注ぐだけで簡単に、おいしくて身体にやさしい食事が楽しめます。

「クノール®」の名前の由来を教えてください。

クノールの歴史は、1838年にドイツ人企業家のカール・ハインリッヒ・クノールが、ドイツ南西部のハイルブロンで食品会社を開いたことにはじまりました。


■ホームページ「クノールのヒストリー」について はこちら

「クノール®」たっぷり野菜で満たされたいときのスープごはん用 まろやかコンソメのアレルギー物質の「乳成分」は、どの原材料に由来しますか。

「クノール®」たっぷり野菜で満たされたいときのスープごはん用 まろやかコンソメのアレルギー物質の「乳成分」は、原材料のうち「乳糖」に由来するものです。
■「クノール®」たっぷり野菜で満たされたいときのスープごはん用 まろやかコンソメの他のアレルギー物質や原材料情報についてはこちら
■アレルギー物質の「乳成分」が、原材料の「乳糖」に由来する商品の一覧はこちら

「クノール®」たっぷり野菜で満たされたいときのスープごはん用 しお鶏だしのアレルギー物質の「乳成分」は、どの原材料に由来しますか。

「クノール®」たっぷり野菜で満たされたいときのスープごはん用 しお鶏だしのアレルギー物質の「乳成分」は、原材料のうち「乳糖」に由来するものです。
■「クノール®」たっぷり野菜で満たされたいときのスープごはん用 しお鶏だしの他のアレルギー物質や原材料情報についてはこちら
■アレルギー物質の「乳成分」が、原材料の「乳糖」に由来する商品の一覧はこちら

野菜の表面の一部が茶色く変色しています。

原料由来ですので、品質には問題はございません。
安心してお召し上がりください。

野菜の表面に白い粉が付着しています。

原料由来ですので、品質には問題はございません。
安心してお召し上がりください。

デキストリンとは何ですか。

スープを溶けやすくするために使用しており、とうもろこしのでん粉などから作られています。

ページトップへ