「お肉やわらかの素®」に関するご質問

「お肉やわらかの素®」に関するご質問一覧

保存方法

「お肉やわらかの素®」の開封後の保存方法を教えてください。

開封後はクリップで留め、湿気を避け、常温保存してください。

使用方法

「お肉やわらかの素®」の基本の使い方を教えてください。

「お肉やわらかの素®」を調理前のお肉の両面にまんべんなくかけ、お肉の全体に粉をなじませます。
5分以上おいて加熱調理してからお召し上がりください。
塩こしょう味がつきますので、このままおいしくお召し上がりいただけます。
ブランドサイト「お肉やわらかの素®」とは?←動画はこちら

原材料・製造方法

「お肉やわらかの素®」を使うとなぜお肉がやわらかくなるのですか?

酵素の働きによってお肉の繊維がほぐされます。ほぐされた繊維の隙間からでん粉が入り込み、肉汁を抱き込んで離さないため、やわらかさが長持ちします。
ブランドサイト「どうしてやわらかくなるの?」

使用方法

「お肉やわらかの素®」の使用の目安量を教えてください。

お肉100gに対し、2.5g(小さじ1杯程度)が目安です。

使用方法

「お肉やわらかの素®」の使い方のポイントを教えてください。

①目安量をご使用頂くこと(お肉100gに対し、小さじ1杯程度(2.5g))
②粉はお肉の両面にまんべんなくかけ、お肉全体に粉をなじませること
③5分以上おくこと
がおいしくお召し上がり頂くためのポイントです。

使用方法

5分以上置いても問題ありませんか?

一定のところで酵素の反応が弱まるので、問題ありません。時間を置く際には冷蔵庫に入れてください。
スパイス本来の香りや風味が弱まりますので、その日中にご使用ください。

使用方法

「お肉やわらかの素®」はどのようなメニューで使えますか。

幅広い肉メニューにご使用頂けますが、鶏むね肉を使用するメニューや、ソテーなどの厚切り肉メニュー、冷めてから食べるお弁当用にお勧めです。

<おすすめの使い方>
■厚切り肉メニューに!(チキンソテー、ポークソテー、ステーキなど)
 まぶして5分置くだけでやわらかでジューシーなお肉料理が出来上がります。

■お弁当や時間差の夕食に! 
 冷めてもやわらかいので便利です。

■冷凍保存する前に! 
 解凍時にやわらかくなっているので、冷凍肉もおいしく調理できます。

ブランドサイト「おすすめメニュー」

使用方法

「お肉やわらかの素®」を「カレー」や「シチュー」などの煮込み料理にも使用できますか。

「お肉やわらかの素®」をお肉全体にまぶして、一度焼いてから煮込込んでいただく使い方がおすすめです。
塩・こしょう味がついていますので、市販のルーや調味料は量を加減してお使いください。

使用方法

お肉を冷凍する時に使用できますか?

冷凍する際にもご使用はできますが、スパイス本来の香りや風味が弱まりますので、生のお肉や解凍後のお肉(ひと口大に切ったもの)でのご使用をおすすめ致します。

もし冷凍する際にはお肉を冷凍する前に、ひと口大に切って「お肉やわらかの素®」を全体にまぶし、よくなじませてから冷凍してください。冷凍中は酵素の働きが止まるので、柔らかくなりすぎることはありません。

使用方法

他の調味料とは併用できますか?その場合の使い方を教えてください。

他の調味料と併用いただけます。
塩こしょう味がついていますので、味つけを足す場合は調味料の使用量を少なくするなどご調整してください。
はじめに「お肉やわらかの素®」をまぶして5分ほど置いてから、他の調味料を足してください。

原材料・製造方法

「お肉やわらかの素®」にはどのような酵素がはいっているのですか?酵素とはなんですか?

たんぱく質分解酵素の一種を使っています。酵素はとうもろこしなどを原料に発酵させて作っています。たんぱく質分解酵素には、パパイヤに含まれているパパインが有名です。
たんぱく質分解酵素とはたんぱく質を基に構成された分子で、消化などに重要な役割を果たしています。
体内では様々な働きをもった酵素が生成され、また野菜や果物食べ物にも含まれています。

商品の特長

「お肉やわらかの素®」の特長を教えてください。

酵素の力でお肉をやわらかくします。お肉にまぶして5分おくだけでそのまま調理できます。

塩・こしょう味がつき、このままでおいしくお召し上がりいただけます。